読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

かっこよかった会計ソフトfreeeの代表インタビュー

タイトルが子どもですみません。
車の移動中に聞いたのですが、とても興味深くがくんがくんと頷きながら聴き入ってしまった。

少し前置きが長くなるのですが。
今年に入ってから、うちのようなスモールビジネスで、エクセル入力の延長線に近い形でとにかく使い勝手のいい会計ソフトが無いものかと本気で探し出したのがきっかけ。
僕の要望としては、まずはブラウザで処理が可能なソフト(クラウド処理)であること。PCにダウンロードして使うソフトは無しで。2つ目は収入と支出という毎月のお金のフローがとにかくシンプルに絵的(グラフなど)に示されること、3つ目は入力が容易であること。

全自動のクラウド会計ソフト freee (フリー)
http://www.freee.co.jp/

驚くべきことに、これをすべて兼ね備えたソフトがまだ出来て間もないfreeeだった。

宣伝ぽくなっちゃうと嫌なんですが、何より僕にはここに肩入れする理由なんて無いんですが。言いたいのは、僕が個人的に求めていたモノを「こんな便利なモノがありますよ」と使える形として提供できるヒトって、凄いなと。ちょっと久しぶりに「商品」に感心したんです。

で、本題。
facebookでfreeeをフォローしてまして、以下のインタビューがタイムラインに流れてきた訳です。
40分ほどのインタビューなので移動時間にちょうどいいと思って聞いたのですが、これがかっこよかった。

経験は捨てるべき!Googleを辞めて世界を変える決断をした freee 佐々木大輔氏の信念とは?経験は捨てるべき!Googleを辞めて世界を変える決断をした freee 佐々木大輔氏の信念とは? | 就職活動とインターンシップのJobweb(ジョブウェブ)

もともと就職活動をする人向け?のウェブ雑誌?(よく知らないのでごめんなさい)なので就職する人へ向けての話なのですが、代表の佐々木さんが仕事や人生に対しての考え方をかいつまんで話していくわけです。
で、色んな部分が示唆に富んでておもしろかったのですが。
インタビュアーが「やる気のない学生や目標の無い時期の学生はどうしたら…」みたいな質問があって、そこで佐々木さんが
「世の中がこういう方向に進んだらいいなあとか、漠然とでもいいので、こういう社会の成り立ちは好きだなとか嫌いだなとかはあるはずで、主義主張や信条的なものが確固として無くても、それに近いような自分の思いがあるはずで、それに沿うような生き方をして行くことがいいんじゃないでしょうか」
みたいな返答をするのですが(うろ覚えですみません)、これは返答という域を超えた助言と言いましょうか、いや凄いなと思いました。

佐々木大輔さん、自分より4つ下かぁ。参りました。更なるfreeeの使い勝手のよさを期待しています。