読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

お盆に墓参りに行き、合掌すること

今週はお盆期間とあって、街の雰囲気も、ネット上での雰囲気も、なんだか‘ゆったり’感を覚えます。個人的にですが。
僕は信心深くもないし、中山さん(id:taknakayama)が先日おっしゃていたように、僕も、神も仏も信じないくせに困った時には呟いてしまうという、それ以上の罰当たり者なのですが、何時の頃からか、色んなものに手を合わせる(合掌)ことを生活の中に取り入れるようになりました。
何がキッカケだったのかまったくもって不明なのですが、手を合わせるというその「折に触れては想いを馳せる」行為が、生活の一つの節目のように「折り目」を付けてくれるというか、ちょっと落ち着くんです。
車を運転していても、養豚車(田舎ですね)が目の前を走っていたりしたら、感謝を込めて合掌します。・・・これは危ないんですがついついやってしまいます。
墓参りに行くということも、僕にとっては不思議と嬉しい事で、特にご先祖様に対して強い想いを抱いているわけでもないし、むしろ普段はほとんど思い出しもしないのですが、参ることの出来る墓があり、お盆という機会を得て、そこで手を合わせることの出来る環境に対して、「恵まれているな」、と思うわけです。こういった節目がやっぱりありがたいんです。
僕は今週ほとんど仕事ですが、今日は夕方から家族を連れて実家に帰って手を合わせてきます。1歳半の息子も「まんまーん」といって仏壇などの前で手を合わせます。色々とマネをする歳になって面白いです。


あと、中山さんが天国について書かれていましたが、天国にもウェブがあったら楽しいのにな、と思いました。いや、むしろものすごい発展の仕方を遂げていて、楽しげな世界が広がっているのかもしれません。若くして亡くなったとしても、そんな世界で生きてくれてたら、想いを馳せるこちら側の人間も嬉しくなります。
あの友人も上手にウェブを使ってるかな?「おーい、楽しんでるかー」。