読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

継続は力なり〜ブログこそ〜

この個人的ブログが、自分個人の人生の物語に組み込めるモノにするためには(たとえ非常に微細であれど)、頻繁な継続が必要なのは間違いない。
ふと思い出すのは、大学一年生のときに(なんと18歳だ)、スケッチブックにちょっとした絵と想いのようなものを書き溜めていたこと(大した量ではないが)。ずっとひっそりと誰にも見られず、自分の世界の中だけにしかない‘うつろな’存在だったあのスケッチブックを思い出す。そしてそのスケッチブックは、時が経ち、恥ずかしさも手伝って引越しのドサクサで捨てててしまったこと。
人間の‘想い’のなかで、「対外的に伝えたい自分」と、「内向的に抑えておきたい自分」があって、その二つの想いの狭間の感情は、もっとも‘もどかし’く、しかし常に吐き出したい欲求に満ちている。
きっと、ブログを書くこと(想像力の及ばない世界に言葉を放り出すこと)は、その狭間に揺れる思いを、若干でも実現できうる大きなツールだと思う。
・・・あくまでも、頻繁に、出来ることなら誠実に、更新し続けることが前提で。