読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

ウェブ人間論

平野啓一郎と同世代ということもあり、平野目線でこの本を読めた。
きっと、平野世代の人間にとっては、とても読みやすい本ではないかと思う。やはり、その生きてきた世代の人生の経験値はいかんともしがたいものがあり、やはり30年しか人生を生きていないものなりの価値観は存在する。
ウェブ進化とともに、現実世界でサバイブしてきた梅田氏の説得力は圧巻だ。平野の問いかけに対して、真正面から逃げずに解答していく。
対談集でもっとも大事なのは、お互いが同じレベルの立ち位置で、根本のテーマに対して‘逃げずに’言葉を交し合うことであり、この対談集を良いモノに出来たのは、梅田氏の「平野世代にレベルを合わせてくれた」事に尽きると思う。
きっと、若い世代と交流を積極的に持っているから出来るのであろう。

ウェブ人間論 (新潮新書)

ウェブ人間論 (新潮新書)