読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

「憲法9条を世界遺産に」

太田光中沢新一の対談。
宮沢賢治をたどって、戦前・戦後の日本を知ろうとし、これまでにタブーとされ、蓋をされてしまった物事や人物に対して、鋭く考察していく。
憲法9条は、戦後の日本とアメリカの奇跡的な偶然が重なって出来上がったということが改めて納得がいく。
憲法9条という理想を守っていくには、相当の痛みや犠牲を覚悟していかなければならないこと。そこまでしても守るべきものなのかどうか、非常に考えさせられるし、現在の改憲論風潮に「待った」をかける大きな行動(対談)である。
中沢氏いわく「言葉は世界を表現するものではなく、世界を変えていこうとしていくもの」なのだ。
太田光の、芸人としての覚悟や、生き方を知って、ますます好きになった。
改憲に賛成・反対の短絡的な意見を言う前に、この本を読んでもらいたい。

憲法九条を世界遺産に (集英社新書)

憲法九条を世界遺産に (集英社新書)