読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

人を選ぶ仕事

先日出張で岡山に行った。
10時過ぎに、前日から仕事できていた金城さんと池永さん(初対面)と落ち合い、香川県坂出市までうどんを食べに行った。金城さん(の友人)推薦のお店を目指して。
f:id:sap0220:20160131221116j:plain
岡山市から電車で約30分という近さに驚きながら、快晴の瀬戸大橋に少し興奮しつつ、平日にもかかわらず行列のできるお店「日の出製麺所」にて大盛り釜玉うどん(310円)を食した。こんなにうどんにひたすら向き合って食べたのは初めてかもしれない。そういう雰囲気を醸し出す場所だった。
f:id:sap0220:20160131221118j:plain
うん。美味しかったと思う。
向き合って食べた以上、その、適当な答えを探すのは必死だった。それは帰りしな、手探りの中の3人の会話が物語った気がする。粉モノ系の行列店は、いつも難しい。と、勝手に思う。
ただ言えるのは、すべてをひっくるめて、本当に、行ってよかった。

そんなうどんの後、池永さん、金城さんと別れ、今回出張の目的である会社へ赴く。2年ぶり。
ここはいつ来ても、人の出入りが激しく賑わっている。事務所に滞在するのも気をつかう。
*この写真は静寂しているが。
f:id:sap0220:20160131221120j:plain
約2時間強、話をする。
いつもお世話になっている破天荒な彼(専務だった)が、まさかの社長になっており驚く。
で、話の流れでひょんなことから会社の基本的な戦略論を聞き、さらに驚く。
f:id:sap0220:20160131221122j:plain
思いつきで、かつ断片的な話をする彼、いや社長の独特の言葉を聞きながら、感じ入ること多々あり。
数年前に彼が宣言した「常に台風の目にいなきゃダメなんだ」を、無意識でやってるなと感心。
送り迎えまでしてもらい、名残惜しくも社長と解散。
次回は夜もお願いします。
やっぱり今回行ってよかったです、はい。


その後ホテルへチェックイン。
金城さんと再度落ち合い、路面電車で移動に喜ぶ。
f:id:sap0220:20160131222501j:plain
毎度のことながら、金城さんのソツのないビジネススタイルに聞き耳を立てる。
今回思ったのが、やはり、人を選ぶ言葉があるように、人を選ぶ仕事はある、というあたりまえのこと。
仕事とは、イコール「人との関わり合い」のことで、その人から選ばれる状況でなければ、仕事は入ってこないし回らない、という事実。
すでに発生している仕事を回すことも大変だけれど、そもそも仕事を「取ってくる」という0から1にする部分、ここ。
金城さんの大きな武器は、まさにここ。0を1に。それが圧巻。
これが残念ながら僕にはほとんど無い。結構前からわかっている。
だから無い分、せっせと入ってくる環境作りに奔走している。みんなの力を借りながら。遅々としつつ。

会うと、色々わかることがある。
会っても、結果徒労に終わることもある。きっとこっちの方が多い。

だから、時々は動き続けなきゃダメなんだと思う。
今回のように岡山へ行き、いろんな人に時間をもらって会いに行って、消化できない塊のような感情を持ち帰って、また仕事と家庭と子育てに奔走する。

社長。俺も、振り回される方ではなく、時には振り回す方の台風の目になりたいぞ。