読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

2014年のはじまりに

年末の30日、子どもと凧揚げに夢中になりすぎてポケットから気持ちよく飛んでいったiPhoneのガラスを破損し、いったい何度目の光景だろうと思いながら年を越しました。

2014年もどうぞ宜しくお願いします。

今回のお正月は仲間のおかげで本当に久しぶりにゆっくり過ごせたのでテレビをダラダラと見て、子どもや甥っ子姪っ子と遊び、酒を飲み、親戚に呼ばれては飲み、家に帰っては酒を飲み、わいわい語り合いました。テレビが常に話の種を振りまいてくれるおかげで、天皇制やら靖国やら中国やらアメリカやら添加物やら地震やら北島三郎やらボクシングの井岡やら国境線やら、それは色んな話しをすることができて、時に危ない橋を渡りそうになりながらもひょうひょうと身を翻しつつ、楽しく過ごしました。

世相というものがあるのか思い込みなのかメディアのせいなのかよくわかりませんが、最近は目の前の出来事にゴツゴツとそれは不器用に一生懸命なので、身辺から遠くにあるいくつもの出来事を深く考えることがなくなってきているのが現状です。これが不思議なもので、直接的にその遠くの事をあーだこーだと考えているよりは、身近な出来事に深く関わって必死にもがいていると、遠くのそれらの出来事に対する自分の考え方がまとまってくることがあります。下手な考え云々ということもあるなと思います。

そういう中で年々強く思うのは、自分の力の及ばないところで決まった仕組みや慣習には極力影響を受けない/そのせいにしない生き方をしたいということです。そういう「思いの継続」が、自分を形作っていく一つのモノなんだろうとも思います。

はい。


仕事において、今年はまた一つ確立したいものもありますし、常に危機を感じながらではありますが、強がりながらも楽しんで事に当たっていこうと思っています。

家族に対しては、えーっとですね、最善を尽くしたいと思っております。