読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

ここ3日間

朝起きて、家事をし、仕事をし、育児をし、家事をし、やっと夜の数時間に自分の時間を持つ。という一日がある人にはあって。
そんな生き方体験を、強烈なインフルエンザに罹患した嫁さんがくれた。今日で3日目。もう音を上げる寸前。まだ妻の熱は39度から動かない。昨夜はストレスなのか何なのか、わたくし、突如に水のような下痢をする始末。汚くて失礼(もちろんちゃんとトイレで)。また、テーブルにほいっと置いたiPhoneのフロントガラスに亀裂が入ったり、どうにもおかしい。イライラがガラスに出たのかもしれない。うそうそ。
自分が望んだ家庭生活であり、わがまま噴出しまくりのかわいい子ども達(5歳と0歳)に囲まれ、私、おとーさんは、精神的にちょっと強くなった気がしております。いや、違う。気のせいだ。
さて、これからスーパーに行って夕飯の買い物して、明日の息子の弁当を初めて作ってみようと思います。


僕なんかは、ごくごくたまにしかしていないくせに、こうやってさも「どや」みたいな感じで書いていますが、この嵐のような日常を繰り返す人が僕の周りにもちらほらいることも知っていて、とにかくその方たちを尊敬するというか、こういう面倒なことを継続できる人を「人間が出来ている人」と呼べるんだろうな、と勝手に思う次第です。


では、この生活が明日までで終わると信じてがんばります。熱よ下がってくれー。