読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

今年もありがとうございました

他店舗でまだまだがんばってくれてる仲間もいますが、これにて今年の業務はほぼ終了します。会社全体としては昨年よりもちょっとよかったです。これは、本当に有り難いことだと思っています。その分、また来年がきつくなってきそうですが、出来ることを着実に、これまで以上に良好なチームワークを築けていけたらと思っています。僕の場合は一人で色々やろうとしたって、ハンパにしか成長しませんから。


3月の東北地方を襲った震災以降、自分に出来ることは何かとか、仕事とは何かとか、生きることとは何だろなとか、やはり色々と考えさせられましたが、その都度に思ってたのは、自分の中に根をはる「他人事感」でした。どこか、正直な話、他人事として捉えてしまう自分がいて、結局僕は、震災という非常事態を、直面している人たちの厳しい情報を見聞きすればするほど、上っ面でしか考えていないんじゃないかと、ずっと思っていました。その、自分の中での違和感は、まだあって、出来ることをすればいいんだという単純な括りには、どうにも収まらない何かがそこにはあります。


ただ、自分の中での意識の変化は間違いなくありました。いつ、何が起こってもおかしくない。そう、いつも思うようになりました。だから、現実をしっかり見て、感情論に流されず、具体的な行動をひとつひとつ、おこしていきたいと思っています。それは、とても困難だろうし、ある程度の悲しさまでしか通用しない考え方でしょうが。


ま、とにかくです。ぶつぶつ言い過ぎました。
今年も、ここを通じて楽しく関わっていただいた皆様に、心からの感謝と、来年も愉快に絡んでくれることを期待して。


よいお年を!