読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

山あり谷あり、トンネル掘ったり

仕事 生き方

仕事でいくつか失敗(ヘマ)をし、その内の大切な人に迷惑をかけたことを悔やみながら、地道に信頼を寄せてもらえるように頑張るしかないなぁと肝に銘じ、もんもんと過ごしたここ数日。悪い事は、本当に重なるもので(日頃の行いが悪いのか)、他の厄介ごとも持ち上がってきて、年内までの数日間は、なかなか重たい案件を抱えて過ごさねばならなくなりました。
が、こんな時にいつも思うのは、これまでもなんとか自力で、この等身大の自分のやり方/生き方で、必死にきりぬけてきたじゃぁないかと。問題の考えうる最善を、真っ正面から逃げず格闘すれば、なんとかなってきたじゃぁないかと。そう、必死で自分を鼓舞してます。
それで、これまで何度となく立ち上がってきた困難を、文字通り藻掻いて乗り越えてきたので、その循環を体が覚えつつあります。まぁ、上手くいくかどうかは別として。時として、立ち塞がる山を、超えるんじゃなくトンネルを掘るような事も覚えながら。


そんな日常に足掻く親父をよそに。幼稚園年中の長男は今日のマラソン大会を頑張っていた。仕事をちょっと抜けて見に行ってきたが、昨年と違ってきつい坂道を歩かずに最後まで走りきっていた。その健気で必死な形相を見ていたら、ママさんばかりの人だかりの中だったけど、「ジョー、がんばれー」と何度も声を上げていた。いやいや、おっさん、興奮してもうた。それほど感激した。その後のスイミング教室では今日テストだったらしく、落ちこぼれまっしぐらの長男が、200メートル泳いだと妻よりメールが入って、それはそれはびっくりした。手は平泳ぎ、足はバタ足の、あのヘンテコな泳ぎ方で、よく息継ぎが続いたなとそっちに感心。


ということで、今日からぐっと寒くなってきましたが、皆さん体をご自愛ください。健康で、しわっすを乗り切りましょう。