読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

平行読書

「ふしぎなキリスト教」が面白い。売れてる理由が分かる。

ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)

ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)


キリスト教について深く書かれているというよりは、他宗教との比較や歴史的背景を紐解く感じの対談進行で、やはり昔も今も経済問題に行き着くところがなるほどなと思う。
発言が端的で、例えばしょっぱなから「旧約聖書新約聖書も、ほぼ同じです。違うのは、イエス・キリストがいるかいないか、だけです」みたいな、おぉ、言い切ってるわーみたいな感じで掘り下げが始まっていくので、(今ちょっと調べたら)ネット上では賛否両論あり(宗教の問題は特にね)、もちろん対談者の発言や思い込みが正しいのか知りませんが、それは個人的にはあまり興味のないところで、著者2人の視点の面白さや、なんとか伝えようとする姿勢に共感しまくった。読みつつ、何故か瀬島龍三がひっかかり、本棚から引っ張ってきて一緒に読んでる。
沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫

沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫


読書の秋を、絶賛先取り中。