読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

「サラリーマンに効くクスリ!」

勢川びき(id:segawabiki)さんの本がAmazonより届いたので紹介。
この本のタイトルの副題?が「会社に‘ダメ人間’にされないための77話」とあるので、なんとなくは想像つくのではないかと思う。

4コマ戯画 サラリーマンに効くクスリ! 会社に“ダメ人間”にされないための77話 (KINDAI E&S BOOK)

4コマ戯画 サラリーマンに効くクスリ! 会社に“ダメ人間”にされないための77話 (KINDAI E&S BOOK)


つまり、属する組織から、能動的にも、受動的にも、飼い殺されないでね、ということだ(と思う)。
ブログでほぼ毎日更新されている、実体験にほぼ忠実な4コマ漫画を、ギューっと凝縮して一冊の本に。ブログとの違いは、各4コマそれぞれにびっしりと思いを綴っていて、分野別に構成を整えているので読みやすい。この辺りは、やっぱり本のよさですね。

一人のsegawabikiファンとして、ちょっと書くと、いや、その前に、好きなこの4コマをお借りします(本にも登場します)。この4コマは、言わんとすることを見事に描けているなと感心します。

何が言いたいかというと、僕らの日常って、こういうことの連続だと思うんです。イレギュラーの連続。家でも外でも仕事でも。で、こと仕事に至っては、それが大きな組織であればあるほど、見過ごす、押し付ける、知らん振りする、が常態化していく。人の集団行動における悲しい自然の法則(かもしれない)。僕も、かつてそうだったからよくわかる。
それを、「そんなまやかしの法則なんてないよ」「言いたい事言って、痛い目見たらいいじゃない」「人の人生に責任なんて誰も取れないんだから」と、実際に勢川さん本人がこれまで実践してきたこと*1を描いているので、説得力があるしスカッとする。そして、とにかく人生のバランス感覚がいい。もう、これに尽きる。じゃなきゃ書けないと思う。
上の4コマにちょっとでも共感した方は、買って間違いないと思います。

*1:経歴からみたら、ずっと成功している人に見えるけれども、えーって言うぐらいの失敗をしてきているそうです。だから強いんですよね