読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

つじさんと赤坂で

いつかの日記でスガちゃん(id:alsografico)が、「誰かと何でもいいから徒然に話がしたくなる」というニュアンスのことを書いていて(詳細は忘れたけど)「まさに人間って日常的にはその通りだよな」と深く頷いた。それは毎日じゃなくて、ふと、誰かと、日常の些細な出来事のことを、本のことでも相撲のことでも本当に何でもいいから、グラスを傾け料理を食べて、話したくなる。しかしそれが、誰でも言いかといわれたら、実はそうではない。それは、はっきりしている。
先日、つじさん(id:satts)が福岡から遊びに(飲みに)来た。いつものごとく「赤坂」へ。赤坂の何が好きかといわれたら、もちろん料理が美味しいということもあるけれど、とにかくお店の「おもてなし」の姿勢が大好きだから。だから、自分にとって大切な人と楽しく過ごしたい時には必ず連れて行きたい場所なのだ。

店に入ってしばらくしたら下川さんからの突然の電話が。「先日の瀬川さん宅でのBBQが楽しかったと、中山さんと顔を見るなり笑っちゃうんだよ」と。久しぶりにその陽気な声を聞き、本当に嬉しくなった。ただ、それだけなのに、それだけの電話をしてくれたことに。
25時を過ぎ、これ以上は迷惑かけられないといういつものパターンでお店を後にした。つじさんは、前回(会うのが2回目の時)と同様に「おい、これさブログに書くなよ」と言いながら、色々とこぼしていた。未だに信用されていない僕なのに、つじさんはよく来てくれたなと思う。ありがたいです。また次回、飲みましょね。
そして今週末は、おむーんさん(id:omoon)。首を長ーくして待ってますよー。