読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

東京行きのスロウボート

タイトルと内容はほとんど関係ないです。ええ、あの人のパクリです。
6月19日(土)東京は目黒で飲んできます。17時から待ってます。告知はここ↓です。すでに黄金週間に突入した金ちゃんが先日案内してくれました。この人は色んな意味で遊びのプロです。

「6.19、目黒ブラックライオン
http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20100419

金ちゃん力作の祭りCMですが、見ると力が抜けますので気をつけてw。twitterからも何名かの方が参加表明してくれて、お会いするのが本当に楽しみです。
最近はこうやってネット上でコミュニケーションを取る事がじわじわと増えてきている中で(携帯でのメールやり取りも実はそうですよね)、僕自身もっとネット上で効率的に仕事を出来ないか、つまり楽が出来ないかと考えるわけです。それは、裏返すと、誰かと1人ずつ会って会話をしたり質問したり境遇を聞いたり共に仕事をしたりという行為自体が、大雑把に言うと体力がいる行為だから。だから、少しでもこのネットの距離感と時間差で誤魔化したいわけなんです。楽なほうへと。でも、だからこそ人と会うことでしか腑に落ちないことがある、それも多々ある。それは決して代替できない何かで。その事実を、最近はいたく感じます。ネットにコミットすればするほど。だから、よく言われる「この使い方はこうあるべき」論や、どっちがいい、悪い、の問題ではなく、ただ、ネットを自分なりに使い倒して遊べばいい、そう思います。そして出来ることならオープンに。だって、そいつはいつまで遊べるのかもわかんないんだから。遊び心の推進力に身を任せながら。その結果として、やっぱり人に会いたい。面倒くさいとわかっていながら人に会いたいわけです。矛盾しているけれど結果、そこに行き着く。
今日、別件でまた5月と6月に立て続けに東京出張(研修+情報交換会)が決まりました。ちょっと前の自分であったらきっぱりと断っていたであろう依頼なんですが、泥臭く人に会うことを辞めてしまってはイカンと自分に鞭打って行くことを決めました。この自分でもよくわからない行動力も、間違いなくネットを使っている自分の成果の一部ではあるんですね、ええ。人と会うまでの恐怖心は、会って一掃されることを繰り返してきたから。で、そこで何を得ようとしてどう動くかは、向こうの問題ではなく単純にこっちだけの問題ですから。
出来る範囲で、遊び心を忘れずに、ゆっくりと東京へ向けて船を漕いでいきます。