読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

忘れ物の51円

雑記

元同僚のKさんが「近くに来たから」と店に遊びに来た。色んな意味でびっくりしたがその辺の雰囲気は出さずに、お互いの家族の近況を語りながらしばし話をした。Kさんの子供達の就職状況や、現在営業職をしているKさんの状況を聞くたびに「いや、ほんとに厳しいですよ」という言葉が何度も、それは何度もKさんの口からついて出た。こっちも厳しさ比べをしようと思えばいくらでも未来悲観論は出せるつもりだが、やめた。それは、色んな理由はあれど、たぶん自分がそれほど将来を悲観していないという事実もあるから。でも、仕事や職場環境について語る地方都市の現実は、大体において厳しい。それは確かだと思う。何度も重ねられたKさんの「厳しいんですよ」という言葉に返す言葉も無く「うーん、うーん」と頷くか同調するしかない自分が腹立たしくもあり。40分ほど話した後、「また近くに来たら寄らせてくださいね」と笑顔で戻っていった。Kさんの座っていた椅子の下を見たら、50円玉と1円玉が落ちていた。それを見つつ、Kさんが「厳しいんですよ」の裏で語りえなかったことは何だったのか、それがどうにも気になっている。