読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

鹿児島、蒲生町

日常

桜島を眺めながら蒲生町へ。蒲生の大楠からパワーをもらって来た。ずっと昔は周囲に柵なんて無くて、空洞になった幹の中にするりと潜り込み、暗がりの中で上を見上げては不気味で得体の知れない気分を味わってたのに。有名になること、朽ちていくことに対する人間の抵抗の表れでしょうか。しょうがない、けど残念。
*1
目的は国分市でのいとこの結婚式。いい式だった、みゆきちゃん綺麗だった。ばあちゃんが一番見たかっただろうに、それを思うと本当に残念。
最近、「じょうくんね、シンケンジャーになるんだー」と自身で公言している息子は、挙式の静寂を破る暴言にはじまり、終盤の花束贈呈まで一人大活躍。普段は決してあげないチョコレートや何より炭酸ジュースの味を知ってしまったことが悔やまれる。目をランランさせて飲んでいた。来年で3歳、そろそろ解禁時期が近いのかぁ。

それと、蒲生の「にいな蕎麦」の特選そばが食べられて大変満足。またすぐにでも行きたい。

*1:[wikipedia:蒲生のクス]