読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

最近のもろもろ

貧乏ヒマなしとは今の僕。よくあることで、夢でも仕事に追われるという悪循環です。昨日は忘年会という名の送別会に。とある保険会社の若手社員数名と一緒に痛飲しました。
会社勤めの悲喜こもごもを、そんな人間相関図を眺めつつ、またいじりつつ、巨大組織にお世話になってた当時を懐かしみながらグビグビ飲みました。いや、大変ですね、どこも、誰もが。そしてどうもありがとう。こっちはこっちでがんばります。ええ、まだまだヒヨッコですから。

地方経済は危険水域に

毎朝広げる新聞からは悲痛なニュースばかり。耐え忍び、雪解けの春すら期待できないような、そんな不安感が僕の心の一部にじわじわと広がっています。危ないな/おかしいなと感じたら、誰かに頼らず自分で動く。組織や行政、国に頼らない/そのせいにしない。僕にとって「個」という意味はそういうこと。「こうすりゃいいんだよ」じゃなく「こうする」で。政治家の視点になっちゃダメなんです。僕が今の状況で、何を選び、どう動くか。もう、それだけ。
たぶん間違いなくこれから眼前にシビアな選択肢がどんどん突きつけられてくるんだろう。常に「さぁ、どうする」という状態。だから、タフにならなきゃダメなんです。お金を稼いで豊かになる/安全圏を目指す、という事とはまったく別の価値観を持って動く必要がありそうです。
「さぁ、どうする」
とりあえず今は、目の前の依頼された仕事をすべて断らずにやり遂げること。でも、そこから見えてくるものがありそうです。結果は別として。
家族のこと

成長著しい息子と、その子育てに奔走する嫁さんに励まされる日々です。もう来月で2歳、早いなぁ。早くキャッチボールがしたいぞ。


今年もあとわずか。そうか、クリスマスも近い。