読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

大分シュッチョーの後日談(1)

大分シュッチョー

昨日のうちに上げたかったのですが、冬眠中の熊のように深く眠ってしまいました。
3日間に渡ったため、このブログ始まって以来の長いエントリーになってしまいますが、とにかく時系列で書いていきます。
<追記>
とても一回じゃ書ききれなかったので、2回に分けます。

吉岡さんとのサシ飲み(前夜祭)

金曜日に一人早く着いた吉岡さん(id:future-human)。翌日にはこの巨人(186センチ?)が「きゅうりやトマト」といった野菜が嫌い、という事実を暴かれ、みんなに「ちゃかされる」とも知らずに、楽しく地鶏を食べつつビールを飲む。

吉岡さんは、物腰の柔らかな、優しい関西弁を話す。どのような生い立ちを経て、ブログと関わり、今に至るのか、そして、ウェブにどれほど可能性を感じているのか、を語ってくれた。
生きるために、仕事は仕事として黙々とこなし、自分が何をして「いきたい」のかを日々模索し、生きる。この吉岡さんの生き方、人間臭さがたまらなく良かった。その内なる情熱が、僕は勝手に嬉しかった。
・・・野菜嫌いだけど(笑)
空港での盛り上がり(1日目)

当日、金ちゃん(id:simpleA)の8時着という「誤報」を信じ、比嘉ちゃん(id:Ryu-Higa)、吉岡さん、そして僕の3人は、6時前に集合。約一時間の車中は、後部座席の比嘉ちゃんが半分身を前に乗り出す格好で大盛り上がり。空港へちょっと早めに着き、がらんとした中、3人は到着口でスタンバイ。
あまりにも人がいないのに、ちょっと不安を抱きつつ、「坊主頭だからすぐにわかるよねー」と軽口をたたき笑いあう。すると、金ちゃんからメールがくる。

この時、7時50分。
小野:「あれ、金ちゃんからメールがきたよ」
金メール:「予定通り、これから乗りまーす」
・・・
一同:「・・・はぁ?」

一同、金ちゃんの悪口を言いつつ(笑)喫茶店へ。

8時50分のりんちゃん(id:rinta6u)が来るまで談笑。窓際で飛行機を見ては子供みたいにわいわい騒ぐ。

比嘉:「やっぱ大阪から降りてくる人たちは服装が洗練されてますねー」
小野:「(笑)うそだー、どこがよー」
吉岡:・・・飛行機初体験で、デジカメで飛行機を撮る事に夢中。

そうこうしているうちに、りんちゃん登場!
「りんちゃーん」と、初対面の癖に馴れ馴れしく呼びかけてパシャリ。

予想通りのいい男。
そこでの会話はもちろん、

りん:「あれ、金城さんは・・・」
一同:苦笑い

再び、金ちゃんの悪口をはじめる一同(笑)。「そのことがムードを和やかにした」なんて言わせない。
そして誤報の主役、意気揚々と登場。

挨拶よりも、誤報の件でみんな詰め寄る。やいやい言う一同に、金ちゃん、目をぱちくりさせつつ、それでも事態が飲み込めず。
「えー、そうだっけー(笑顔)」
これで済むのだ。やっぱり徳人である。

まずは、金ちゃんのお仕事に同行(1日目)

どこに行って、何をしてきたかは内緒。ていうか言っちゃいけない約束です。なので写真も取らず。
1時間もかからない仕事で、ハタから見たら「なはは、不審者みたいー」とみんなで笑えるようなことをやってました。
この体験学習が、とてもありがたかった。こんな角度からも仕事ができるんだと。この辺の「お金」にまつわる話は後で。
車中で金ちゃんの野望の話(1日目)

金ちゃんの野望の話で大盛り上がり。

「夢に向け、一歩前進」
http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20081006#1223253259

この野望が、さらにパワーアップしていたことに、一同大笑い。どこまでも主役でありたい金ちゃんに「それじゃMisiaと一緒に歌ってねーじゃん」と突っ込まれる。
この野望の話が、「じゃぁさー、みんなの野望はなんだよー」と、この日の2次会に飛び火することは後で。

ファジーさん到着(1日目)

5人で再び空港へ戻る(戻る途中に、国家権力にハマッた「空白の15分」が発生したことは内緒)。
到着口そばの喫茶店を、テーブルを勝手につなげ半分独占して、ファジーさん(id:fuzzy2)を和やかに待つ。

ファジーさん登場。しかし、顔出しNGのため、パシャリはなし。
着くなり、「大分人はどこだ」と僕と比嘉ちゃんを探し、早速お土産をくれる。なんと優しい。
ファジーさんを車に乗せ、この旅のメンバーが全員集合!!!
三浦梅園資料館へ(1日目)

三浦梅園資料館へいくことになったきっかけは、金ちゃんと三ちゃん(id:elmikamino)のブログを参照してください。

「なんで梅園なのか」(金ちゃん)
http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20081011
「三浦梅園とウィトゲンシュタイン」(三ちゃん)
http://d.hatena.ne.jp/elmikamino/20081017/1224251199

ここへ行く前に、梅園研究家の北林達也さんにメールを入れていたので、着くと案内の人も「5人組の人たちですね」(一人少ないけど・・・)と、なにやら資料をいただきました。心から感謝。
面白かったのは、行く直前まで三浦梅園を人ではなくて「梅」と勘違いしていた比嘉ちゃん。「梅なんてみてもなー」という雰囲気を漂わせていた彼が、行ったら「この人、すげー」と、目をランランとさせて資料館を回ったこと。金ちゃんをつかまえてずっと話を聞いていた比嘉ちゃん。
そして、疲れのピークでこっくりこっくりと梅園シアターで疲れを癒していた吉岡さん(笑)。
で、なぜかこの資料館でファジーさん(id:fuzzy)と仕事の話をする。三浦梅園の経済観念と大前研一を対比させて語ってくれたファジーさんの話が面白かった。途中、りんちゃんも加わり、三浦梅園資料館で仕事話や金融不安の話をこそこそ始める。
ファジーさんの引き出しの多さを垣間見た時間だった。

北林達也さんからのメール(番外編)

昨日帰ってから、早速北林さんにまずはお礼と、そして前回金ちゃんブログを紹介したように、今回は三ちゃんブログを勝手に紹介しつつメールを送る。すると、三ちゃんのブログについて「とても興味深く読ませてもらいました」との嬉しい言葉に、僕が勝手に喜ぶ。
そして、これまでもらったことのないような膨大な文字数の返信でした。そこには、北林さんが、35年かけて研究し続けてきた三浦梅園の考え方の一端をちょっとでもわかりやすく教えてあげようとする言葉が詰まった、本当にありがたいメールでした。
で、そのはじめに、

三浦梅園って、いまはちょっと沈み気味ですが、和製ヘーゲルとして、かなり世界的に知られていた時期もありました。
もう一度、持ち上げないとね(^^)

という、顔文字つきのノリのいい北林さんの言葉が。
持ち上げる?ん?つまり、オープンにする?で、アクセスしやすくする? あっ、坂東さーん(id:keitabando)、出番ですよー!(笑)
MOA*1のPRディレクターの金ちゃんの目論見が、うっすら見えるようですが、門外漢の僕はこの辺で。
とにかく北林さん、本当にありがとうございました。

車中でお金の話(1日目)

僕が金ちゃんに聞きたかったことの大きな一つとして、「お金」のこと。つまり、どうやってお金を回収していくのか、という逃げたくもあり、でも商売のもっとも肝となる部分について。
当たり前だけど、お金の流れを知ることが、どれほど大事か。
会社に勤めとしている限り、お金は会社が回収してくれて、それを給料として払われる。会社員とは、結局お金にタッチしていない、仕事にしかタッチしていない存在であって、その中で僕の現状は、会社員でありつつ、しかし小さい店舗を運営するとってもちっちゃい仕事をしているんで、お金の流れを把握しつつ、一人だけ雇いつつ、でもお金はオオモトからくるという妙な立ち居地で、そこの部分の大事さを皮膚感覚で覚えつつも「その辺のことを是非金ちゃんに聞きたい」と思っていた。
で、結果は。
金ちゃんの、仕事の中での肝となる‘お金’の辺りに対する「凄み」を知った。だからそこの大事さを益々痛感した。小手先の技ではない、仕事への対価に対する想いとプライド、これ以上は引かないという、行動力に伴った徹底した判断基準。
回収のウマさ、下手さという技じゃなく、お金の流れの仕組みを知り、技術と知識に裏づけされた「行動力」が大事ということ。
すごい。本当にすごい。この人は、聞けば聞くほどじゃんじゃん出てくる。
一次会のふぐへ(1日目)

贅沢だろー!という声が聞こえつつ、家族に「ごめんねー」という内なる声を抑えつつ、とにかく食す。

で、あっという間に、「ふぐ刺し→ふぐちり(なべ)→雑炊」は空っぽ。

男6人が個室でわいわい騒ぐと、とにかくうるさい。トイレに行って、帰る途中に声が漏れてる部屋がうちの部屋だ。
りんちゃんのお酒のペースがアホみたいに早いのは気にしない。そして、ファジーさんがウーロン茶をよくおかわりしていたことも気にしない。途中、金ちゃんが鼻血出したことも気にしない。
坂東さんの件@一次会(1日目)

坂東さんが起こした先週の一大ムーブメント(↓)について、やっぱり聞きたかったので詳細を聞く。

「オープンアクセスの日もオープンアクセスな夜も大成功」(坂ちゃん)
http://d.hatena.ne.jp/keitabando/20081015/1224079498

このエントリーでのコメントのやり取り、そして、坂東さんの振る舞い、フィクサーの金ちゃん。何かが起こっていて、間違いなく理由があるんだと思ったけど、やっぱりあった。
坂東さんのこの動きには全てに理由があって、もっとダンスを踊り続ける覚悟も知った。すごい。やっぱりこの人もすごい。
応援しますよ、坂東さん。

1次会でのファジーさんの仕事以外の面白い事業(これ、言えないかも)、2次会のりんちゃんの「伝説」、比嘉ちゃんと金ちゃんのマジ対談、吉岡さんのプレゼン、と2回目に続きます。

*1:MOAとはこれです→http://www.myopenarchive.org/