読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

「大分シュッチョー」はじまりです。

公園で逆立ちしてる場合じゃないです。
思った以上にその時が早く来てしまった今回の大分シュッチョー。本気の出張は金ちゃんだけなんですが・・・、まぁその辺は気にしない。
もう、今日の夕方には第一陣として吉岡さんがセントレアからぴゅーっと飛んできます。なので、夜の8時には都町(みやこまち)にある「地鶏専門店」に招待して、二人でプチ前夜祭を行う予定です。
明日の「ふぐ」の予約、レンタカーの予約も終え、旅のプランもほぼ決まりつつあります。id:fuzzy2さんの風邪が気になりますが、きっと大丈夫でしょう。
では、参加される皆さん、また、気持ち参加の皆さん、一緒に楽しんでください。

写真は

中山さんの時と同様、iPhoneで撮って、旅の断片をタイムリーに上げたいと思います(できる限り)。場所はみんなの[シュッポ]タグの集まるいつものとこです(左側の「シュッポ写真庫」です)。
上がった写真に文句をつけたくなったら写真にコメントしてください。
メンバーやプランや趣旨は

若干の変更は出てきましたが、先日のエントリーとほぼ変わらずです。

「大分シュッチョー」プラン、ほぼ決まり!?
http://d.hatena.ne.jp/sap0220/20081010/p1

三浦梅園資料館について

金ちゃんのエントリーでその存在を知った、三浦梅園研究家の北林さん。*1

なんで梅園なのか
http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20081011#1223728131

三浦梅園のことを35年も研究し続けた北林さん。大分市内で鍼灸院を営んでいて、住まいも近い。で、すぐにメールをしたんです。
「近くに住む小野です、こんにちは。こうこうこういった理由でひょんなことから梅園資料館にいきます、うふふ」って。金ちゃんのブログを紹介しながら。
そしたら予想通りの感じのいいおじさんで、早速返信をくれて、「君らが梅園資料館に行くことを伝えておいたから」という嬉しい返事が。
今回の大分シュッチョーでは、「6人で楽しむ」という事で、北林さんへ突撃訪問は辞めたのですが、行ったあと、また感想とお礼もかねて連絡してみようと思っています。
これも、嬉しい出会いの一つです。

最後に

ほとんど取れない休みを、取ったら取ったで友達のために使ってしまう僕を、(なんとか?笑)許してくれた優しい家族に、心からの感謝を。


では、楽しんできます!

*1:北林さんの、ウェブ上の三浦梅園研究所→http://www.coara.or.jp/~baika/index.html