読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

人のやり直しを邪魔しない社会がいい

ライブドアの元社長の堀江さん、ブログを再開したようですね。

「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
http://ameblo.jp/takapon-jp/

人の生き方に対して、僕もやっぱり好き嫌いがあって、見ていたくない人や、関わりたくない人、もろもろ感じ方は色々ある訳で、そういった意味では堀江さんという人間に対しては、個人的には関わりたくない人の部類に入るのかもしれないけど(むしろ僕なんかに関わってくれるわけがない)、それでも、やり直そうと前のめりで動き出そうとする人に対して、とやかく言いたくないし、色んなものを背負ってでも進もうとしているのであれば、その生き様に対しては「かなわないなぁ」と心から思う。
事件として、罪として、その「本当の事実」については、きっと同情の余地は無いんだろうけど、生き様についてはまた別だと、切り離して考えるべきだと、そう思うようになった。


例えば、僕個人の日常でも、常に多くの失敗をしてはやり直しをしようとしているわけで、同じ失敗をしないように心がけていることに対して、その失敗に対してとやかく言われ続けるとたまったもんじゃない。(あれ、嫁さんにはしょっちゅう言われている気が・・・)
昨日と同じ自分が居ないように、「相手も同じ相手じゃないんだ」ぐらいで接していけると、変な先入観を持たずに、もっと踏み込んだ関係になれるのかもしれない。
過去との決別は、それほどまでに難しい。