読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

5.10 大分会議、報告

ご参加いただいた皆さん、どうもお疲れ様でした。
7時スタートから、気がついたら深夜1時半!居心地のいいお店「赤坂」に感謝しきりです(閉店は12時です)。スタバの妖精(比嘉さん)も、昨日は夜の蝶へと華麗な転身。泡盛と芋焼酎が時間を忘れさせてくれました。

会場の「赤坂」

家族経営で、丁寧な料理と豊富なお酒を提供してくれるお店です。敷居も高くなく(僕が使うぐらいなんで)、落ち着いた空間で、愛想の良いおかみさん、若奥さんのおもてなしがとても良いんです。マスター(きっと同世代)はBEGINをこよなく愛していて、BGMはBEGINのヘビーローテーションです。
かんぱーい!

デジカメを忘れていったため、比嘉さんモバイルから激写。暗いですがご容赦ください。でも見てください、この素敵な笑顔^^ 夜の蝶、降臨です。

メンバーももちろん一緒に

最後までテーブルの上に皆さんいました。料理をおけずに邪魔になりつつも、これは誠意の問題です。(笑) 帰りに比嘉さんにプレゼントしました。

2度目なので

ざっくばらんに、いろんな角度から話をした、そんな気がします。今回は‘仕事’ということについても結構話をしました。
ただ純粋に、楽しいお酒でした。
写真は、ある方の名札を持って笑う比嘉さん。「6月に東京に行く予定がありそう」とのことなので、「突撃してみれば?」という話になり、「では証拠に」という意味で激写。名前が写真じゃわからなーい!

定例会議へ

今回も、とても楽しい時間を過ごしました。そして、大分会議は定例会議へと格上げされ、2ヶ月に一回の頻度で開催されることとなりました。(臨時会議の必要があれば、関係なく適宜実施) なので次回は7月です。場所は同じく「赤坂」です。
みなさん、盛り上げていただいて本当にありがとうございました。


最後に「三線の花」

比嘉さんは沖縄出身。12時過ぎに「あの曲を聴くといつもおじぃを思い出すんです」と、マスターに「三線の花」をリクエスト。そして、おじぃのはなしをしてくれました。
僕は、その沖縄にいるおじぃの話が忘れられません。読み書きが苦手な比嘉さんのおじぃ、だから三線は耳で覚えるおじぃ、曲とあいまって、一人で泣きたい気分になりました。
三線の花』