読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

いつか取り扱ってほしいと願っていた

ニコニコ動画に対して、はてなという会社がどういった考えを持っているのだろうなぁ」と漠然と考えていたら、梅田さんのブログでニコ動の話題が出た。
それも‘僕はニコニコ動画で、NHKでの将棋を見ましたよ’という、極めてストレートな表現で。
このブログでの公開の仕方が「凄いな」と思ったのは、ニコ動を客観的に見て批評をするのではなく、1個人として「NHK杯を見ることが出来てよかった」とユーザー心理でニコ動に感謝しているところにある。
梅田さんはきっと、ブログの公開に際して、色々思い巡らしたあと(当然自分の立場も考えて)隠すことよりも公開することを選んだのだ。

どんな形であれ、将棋に興味を持たない人が将棋の面白さを感じる機会が増えることは絶対にいいことだ。

これが梅田さんの哲学だ。
僕個人としては、その勇気をとてもうれしく思った。人によっては、「違法コンテンツを見た」という一点で攻撃されかねないし、立場上、波風が立たないわけが無いのだから。
いや、むしろ梅田さんは波風をわざと立たせようとしたのかもしれない。
どこを土俵として議論を戦わすかで、非常に大きな食い違いが生じるだろうが、「とにかくいろんな角度から話をしよーよ」とポーンと小石を投げたのだ。
その小石を、絶妙な時期に、ブログという形で放ったこと。
じわじわと大きな石になればいい。