読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

超バカの壁

養老さんの「バカの壁」「死の壁」に次ぐ、最後の作品。

著者いわく
「わたしが今考えていることは、虫の話を除けば、これでほぼおしまいである。ここまで吐き出せば、残りわずかの人生、あとは虫だけで十分じゃないかと勝手に思っている」

超バカの壁 (新潮新書 (149))

超バカの壁 (新潮新書 (149))


実に良書。
靖国問題、対日感情、「お金で買えない物は無い?」、「自分探し?」、男女のこと、テロ、テレビのこと、等々様々な問題に直面しているが、考え方や、モノの見方を‘鍛えていく’ことがどれだけ必要か。その上で、自分なりの規律、倫理を持つことが、いかに大事か。
とてもよくわかった。感謝。