読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

ワーキングプア

最近の関心事。メディアで露出が多いせいもあるが、自分の中で答えが出ないから厄介だ。
大前研一さんコラムの「静岡茶を世界ブランドにする方法」も、非常に納得がいく戦略ではあるにせよ、選択肢の一つに‘外国人労働者の受け入れ’というのがある。
基本的には賛成。国境なんて関係なく仕事ができる世の中なんだから、労働の鎖国をしている時代じゃない。
ただ、製造業という業種で考えていくと、問題は本当に厄介だ。
世界的な競争力を企業が高めていこうとする時、低賃金での雇用がなにより優先事項となる。
そこでの企業の選択肢は二つ。1つは海外での工場を増やし、現地にて雇用し、低賃金化を図る。もう1つは、日本国内で‘派遣社員’をフル稼働させる。
この派遣社員でまかなっていた雇用が、海外からの労働力で埋められた時にどんな事態を招くのかは想像に難くない。製造業において、ワーキングが無くなるのだから。
今、ワーキングプアと呼ばれる彼ら(彼女ら)達に自助努力を促す風潮だけは、本当に間違っている。日本という国の中で、誰かが背負うべき痛みを彼らが代わりに背負っているように思えてならないから。
これからの、日本の目指すべき姿とは何なのか、本当に考えさせられる。