読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

「はてなスタッフ日記」に思う

会社の全員がブログを公開しているのは、やはりすごいことだし、企業としてオープンであることを希求する姿勢の表れじゃないかと思う。
まあ、ネット企業では当たり前かもしれないが。
そんな中、はてな社員の退職ブログがネット上で色んな波紋を呼んでいる。
一つ前の「ボーナス×ボーナス」という日記の内容も手伝って、一社員の退職の話が、いろいろ違った角度で取り扱われている。
個人的に思うのは、会社を退職・転職するということは、(年齢にもよるが)別の世界を見ていこうとすることであり、原因は自分の置かれている立場に対して「くすぶっている感情」が大きくなったときに発生する。
この、「くすぶっている感情」は、大きくなったり小さくなったり、ある日肥大化したり、見えなくなったり、様々に変化するから厄介だ。
転職・退職は、誰にも起こりうる事実だと思う。
今、僕の知人で、おかれた状況でやむを得ず転職をするであろう2人と話しながら、今の世の中はなかなか寄り道を許されない社会になっているなとつくづく実感する。
それが、時代のスピードのせいなのか、個人のスキルの問題なのかはわからないが、「心の中に余裕をもつ」事がしづらくなっていることは確かだと思う。
この知人2人の状況が、少しでも好転しますように。