読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

村上春樹の翻訳魂

グレート・ギャツビー」の村上春樹訳を昨年買って読んでいる。
この本は、今までに計2冊違う訳者の本を読んだが、村上春樹が絶賛するほどの感動をした記憶がない。
しかし、今回の村上春樹訳は、本当に読みやすい。出来ることなら原作本を読破するだけの英語力があればなんて事はないのだろうが、その能力のない自分には、翻訳者の力量に頼らざるを得ないのだ。
村上春樹が、『小説は色あせないが、翻訳小説は色あせる』といったようなことを言っているがその通りだなぁと感心してしまった。翻訳者側の生きている時代が、つむぎ出す言葉に乗っかってくるのだから当然といえば当然なんだろう。
そういった意味でも、この村上春樹訳「グレート・ギャツビー」は、自分の中に言葉の一つ一つがすんなり入ってくるのだ。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)