読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

消費者信用団体生命保険

消費者金融からキャッシングをする際に、自動的に契約をされてしまう生命保険。(注:すべての消費者金融ではないが大きいところはほとんど加入)
保険料は消費者金融業者が負担し、債務者が死亡した時に保険金が支払われる。受取人は当然消費者金融業者である。(保険金の上限として300万円とのこと)
ここで問題なのは、キャッシングをする際に債務者が自動的に生命保険の被保険者となるところにある。住宅ローンなどは債務者の不慮の事故で遺族がその後の生活に困らないために、強制ではあるが同意のもと、ローンの返済額に応じた保険金設定をおこなう。
お金を借りるという行為の目的がまったく違うのである。サラ金からお金を借りるときはどんな時か? ほとんどの場合が、生活にいくつかの支障をきたしている中での行為である。
無担保ローンとうたっているが、現実には生命保険を担保にしたローンである。
この問題の裏の顔。それは、受け皿となっている保険会社が存在する限り、この状況はこのまま続いていき、無傷の保険会社がもっとも利益を得ている。そんな構図である。