読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

You Tube

きっこのブログから「You Tube」の画像を使って様々な問題映像が流れている。
正直びっくりするほどの映像なのだが、これを流しているのが「You Tube」。これがすごい。見たい映像や画像を検索しながら無料で見ることが出来るのだ。そんなサイトがあるんだと思った矢先に梅田望夫氏のブログで早速取り上げられていたので、すぐに「You Tube」というサイトの実態がわかった。
「You Tube」とは、ユーザーそれぞれが動画アップロードし、その動画を共有できるのだ。とうぜん、第三者である我々は、そのサイト上で自由に見ることが出来る。ある側面では、ウィニーともよく似ている。見てほしいと望む人間達が様々な動画をアップロードすることで、ユーザーは次第に増えていく。
すごいベンチャー企業である。結局、利用者が爆発的に増えることで世界規模の問題として捉えられ、一国の法整備の範囲内では収まりがつかないのだ。
では、「ギャオ」の場合はどうか?ここは動画や映像を会社を通じて購入し、無料提供するというスタンスなので、無料動画サイトのくくりの中では対極とも言える。日本国内の利用者のみがターゲットとしている限り、広がりもそこまでで、日本の規制の範囲内の中で収まってしまう。
インターネットを介して起業をするということは、相手は常に世界なのだと実感する出来事だ。「You Tube」の今後に期待したい。