勇気と想像力、そして少々のお金

きれいごとを言わない、をモットーにしてますが、時折言ってます。

雑感

年の瀬、雑感

年の瀬ですね。実感が全く無いですが。たまに、中長期的な展望を描きながら動くことがあります。予測の元に、です。 今年も何度かありました。 しかし、こうやって一年をそっと振り返ってみたら、大体が行き当たりばったりで、物事にぶつかった時の熱量で動…

スガシカオが未だいい

スガシカオの新譜が出たら躊躇なくiTunesで買っていて(シングル250円)、軒並みいいので(「Festival」も「アイタイ」も良いですね)、昔のも無性に聞きたくなってまともに聴いたことのなかったアルバム「Sugarless」を購入、1500円。 スガシカオの曲を聴き…

見栄じゃ食えない

それはとても小さな古めかしい、いつ商売をたたんでもおかしくないような佇まいの商店がここからちょっと離れたある町の隅っこ(文字通り隅っこ)にあって、仕事上でお世話になっている社長(57才)なのですが、その方の発した言葉が今でも耳から離れない。 …

コイズミさんの演説

友人などのTwitter経由で2度ほどこれとは違うYouTube動画を見てたのですが、今回のこれで確信。 「いや、こりゃすげーわ」と改めて思ったのが小泉進次郎氏のスピーチ。 もうびびる。 (4:00〜10:00過ぎまで。この5分強のスピーチたるや…) 小泉進次郎氏×岩…

何かのせい

何日か前の事、覚えて無いほど久しぶりに昼間の会食(酒あり)をした。かねてよりまた時間を合わせて色々と話しましょうよと言っていた人とである。近所でありながら非常に過ごしやすい場所を押さえてくれて、若干値段はするものの夜の飲み会と考えればそう…

11月22日、夜

昨夜遅く寝ながら嘔吐した息子の体調も今朝には落ち着く。嘔吐下痢などの厄介な病ではなかったのでほっと一安心。 来年小学生ともなれば体も心も成長してきてて日ごとグングン育つ息子が面白く、子育てにほとんど関わっていない父親にありがちの会う時間が愛…

孤独であることの難しさ

いつものごとく子どもと一緒に寝落ちて変な時間帯に目覚めたとこです。 最近、仕事上での変化のせいで常に悶々としています。若干情緒不安定な思春期のようなおっさんです。自分で選んだ変化の形が正しい事なのか、いや、そもそも「正しさ」という物差しで仕…

サザエさんのある風景

8月も最終週に入ります。 沖縄では大型の台風が来ているようですし、ここのところ空が落ち着きません。今日は夕方のスコールの後、漫画のような虹が眼前に2重のアーチを描いてました。でも、今夏は何回このような虹を見たものか。かつて珍しかった虹の希少価…

ブルース先生

猛暑が始まりましたね。 夏休み中の息子は、全身で我が世の春を謳歌してます。喜びって伝染するもんです。見ていて楽しいです。 まったく違う話題の、例えの話で。 お金のことで、将来のことをちょっと気に病んだり、芥川じゃないけど「漠然とした不安」を感…

観念すること

上手くいかない状況で、ぐるぐる考えても答えが出ないし良い結果もでないここ数日。ラッキーパンチも出てこない。そんな状況からしばし逃げ出そうと気分転換を考えたけれど、いやもう、よーくわかった、それじゃぁその状況の方が嫌がるくらいにとことん付き…

語りは騙り

ちょっと雑文を。 語りとは「騙り」であり、つまり、意図的に持っていこうとするものでもある、と折口信夫が言ってたらしい。というのを今日の産経新聞の中の人が書いていて、うんうんなるほどと頷いた。書くこと、語ること、言葉を操つることはイコール伝え…

無題

「本当に考えるべき事は、地元の親の事かもしれない」 休日の仕事合間のうどんランチ。ダイシは唐突に言った。答えに窮してうーんと唸ったまま、似たような話をなぞっただけだった。お互いに、今は親元からは近くはないが、そう遠くない場所で暮らし、毎日を…

その他大勢としての覚悟

世の仕組みの是非を論じる事よりも、色んな仕組みの下、その置かれた状況で自分が現に何をやっているのか、何をやろうとしているのか/やりたいのか。ここは、その順序が大事だと思う。そして、仕組みのせいにせずに、どうやったらタフに、愉快に、生きてい…

景況感

自分の関わる範囲をぐるりと見回した場合において、個人差はあれど、まだ大した閉塞感は感じられない。というか、そもそもこれまで、誰もが敏感に景況感を意識しながら生活をしていた訳じゃないのだろうけれど。思っている以上に、大きな慣習や仕組みは、幾…

現状認識

長男の風邪が、じゅんぐり家族を一巡しながらこの一週間が過ぎました。天気も雨続きで、気圧のせいか頭が重いです。しかし、概ね元気でやってます。 誰かに、何かをしてあげようと思ったら、それは、より具体的なものでなくては意味が無い。相談に乗ったり、…

距離の問題

過ごしやすい気候が数日続き、今回の引越し先(部屋・場所)が思っていた以上に過ごしやすく、家族それぞれが毎日を慌しく、これまでと同じように過ごしています。 最近思う仕事のことを。 例えの話になるのですが、これまでは、ある程度「仕組み化」したも…

せんないつれづれ

話題に事欠かないニュースが続く、そんな毎日です。日本も世界も。経済も行政も、芸能も。 そのニュースのほとんどが、自分には責任の取りようも無い類のものばかりなので、井戸端会議としての敷居も低く、言いたい/批判したい放題ではあるのですが、そうい…

子は鎹、蝶番

たまに、ブログを読んでくれる友達などから、日常が充実してていいねとか、家族仲がいいねとか言われることがあって、時々どう答えていいのかわからなくなって、「うん、そうだよ」とか「いや、そうでもなくて今大変でさ」とか、場当たり的に答えている。 ブ…

意味のあることをせず、物語を読む

311の震災以降、手の届かないこの場所で、なんだか意味のあることをしようと思ったり、意味のある発言をしたいと思う、そんな自分に嫌気がさす*1。 そして、変わらず無事に生活を送れていることにすごく感謝している。僕がもしテレビの向こう側にいて、これ…

春へ

ひと息。 春に向けて、いわゆる「別れ」という物悲しい門出が誰かには訪れ、温かい風が吹く頃には、そんなことも忘れ、必死に生きているんだろう。 そんな学校や大きな組織からは遠ざかった今も、はたでその雰囲気を感じるだけで、視覚の奥から瞬時に浮かん…

無題

季節が秋をすっ飛ばし冬へと向かう様相に体も心もいまいち追いつかず、いつの間にやら年末をせき立てられている様でどうにも落ち着かない。人生とは思うように行かないものぐらい分かっているつもりなのだけれど、お金で行き詰ってしまい‘本当に’思うように…

つながる仕組み

先日、友人からモバゲータウンにある無料の携帯ゲームを実際にやって見せてもらった。モバゲーを運営するDeNAやグリーやミクシーなどが無料をうたった携帯電話ゲームからどうやって上手に課金させ収益を上げ続けているのか気になっていたし、どれほど楽しい…

不安は不安として

数日前の「ほぼ日」で糸井さんが「これまでの人生で、きっとはじめて将来を不安に思う自分と目が合った」と書いてました。つまり、これから先の日本のことであり世界のことであり家族や友人や他人や、もちろん自分のことを含んだ『時代』というくくりに対し…

黒い独楽

いまだ、暑いですね。 親でも「えっ」と二度見してしまうほど、この夏で真っ黒に仕上がりました。運動量も凄まじいので体も妙に筋肉質で、テカテカと黒光りしている様は異様です。 私も幼稚園時代は「くろんぼ大賞」で3位になってますが息子は幼稚園でも図抜…

実家にて

昨夜久しぶりに実家に泊まった。妻と息子はちょくちょく行ってくれているが一緒に泊まるのは久しぶりだった。沖縄土産を持っていくと「へぇ、餞別もあげてないのに色々買ってきたんね」という父親の憎まれ口を聞きながら、しばし一緒に酒をのんだ。父親は、…

天気のよかった休日に

息子が幼稚園に行きだして、我が家の生活も若干変化を見せ始めた。仕事柄平日に休みを取ることがほとんどなので、これまでは100%子供と遊んでいた休みが、幼稚園の終わる午後2時過ぎまでの間、ぽっかりと自分の時間が出来るようになった。それはヨメさんも同…

入園式前日

話題に事欠かないニュースが続く日々。大したことがあるような、ないような。ふと、みんなが当事者になりたがっているだけの話じゃないか、と。そんな風に見えてしょうがない。誰だって、何かしらの形で当事者になりたいもんだ。もちろん自分だって。 さて、…

お墓への意思

吉本さんは「墓は小さいほうがいい」と語りながら、この章が最終的に「遺書」になっていることに驚きながら、どこか寂しく読みました。 糸井さんは吉本さんの遺書を公開した、つまり吉本さんの「意思」を受ける覚悟をしたわけなんですよね。きっと。で、それ…

シンプルな方程式

「自分が楽しくないのに周りが楽しいわけないじゃないか」というそれはシンプルな人生の方程式に気が付いたのは大学3年生の頃でした。その事実にはっと気付いたとき、あまりにもショックで、いつもの飲み屋でサークル仲間を前に泣いた記憶もあります。 「俺…

ズルのツケ

ほぼ日で知ったので早速アマゾンで予約。吉本さん、いい顔してます。ネットで雑誌を買うのは初めて。そういえば去年はiPhoneから一冊(?)電子書籍(350円)を買いました。紙媒体で1000円あたりで買うまでもないよな、という本だったので思った以上に良かっ…

タイムやマネー

変わらないものと変わっていくものがあります。つまりはそれぞれの時計の針が早いか遅いか戻ったりするかの違いなんでしょうが、物事それぞれにテンポがあるので当然ひと括りにしちゃいけない訳ですが、速いモノってやっぱり魅力的なんで僕もよく飛びついて…

ギアチェンジしながら

数日前の夜、テレビのHDD録画でまだ見ていなかった桂枝雀の特集(BSHi)を見た。よめさん達は実家へ帰省中で大体ひとりの夜にはHDD録画をみる。30代後半の枝雀落語を初めてみて、食い入るようにテレビにかぶりついていた。創作落語の「天神山」の途中で睡魔…

括られたイメージをほぐす言葉を

最近ますます強く感じる勝手な印象ですが、何ていうか、色んなメディアを通じて物事を一括りに簡素化して、それを平易なイメージとして流していく、というような手法が流行っているように見えて腑に落ちないことが多いんです。 どういうことかといえば、つま…

文字を綴る

久しぶりの更新。わずらわしい日常業務に追われて「腰を据えて文字を書く」ということから逃げていただけなんですが、気軽なtwitterには咳をするようにぼそぼそと呟いておりました。 このブログをはじめてから数名の友人にお誘いいただいた好意に甘え、世間…

大人になってやることやって

秋の運動会シーズン。毎朝通る道すがら近所の小学校の校庭で大人たちの猛練習が繰り広げられている。色つき帽を被ってズラリと並んだ子供たちは明らかに躍動感を失った体躯でじりじりと動く。「あぁ、嫌だったよなぁ、あの練習」と、体育すわりでグラウンド…

もろもろ、細分化された後の関わり方

今日から近隣の小学校は夏休みに突入したらしく、開店準備を始める大人を尻目に暇も宿題も持て余した悪童さんたちがワラワラ、ワラワラと無軌道に飛び跳ねています。ただただ、その光景が眩しいです。夏ですね。 虫かごと網を持って山に行きたいです。 さて…

もろもろ、記憶を反芻して

一昨日からぼちぼちと走り始めました。周辺の住宅街がしんと静寂を増す23時前後にこっそりと走りだす真夜中のおっさんランナーです。はてなグラフをみたら今年の1月27日を最後に走っていませんでした。走ること以外に優先順位が高いことが多くなった、という…

目的が無いので続く

書きたいことがこれといって無いのが実はブログを続ける秘訣の一つかもしれないなぁと個人的に思います。 何で書いているんだろう、と自問しながら書くなんてあまりに馬鹿げているようで。でもそれがブログを書くことの意義の一つでもあるような・・・「何で書…

経済活動(貨幣価値)の外で

稼ぐこと(その多い少ないは別として)が当然の至上命題としていつの間にか僕の中にあって、きっと向こう20年ぐらいは面倒だけれど人生の軸足はまだそこに置いてるんじゃないかと思う。うーん、どうだろう。食える状況で若干の余裕のある生活をすることイコ…

可能性を探す

お疲れ様です。 夜中に一人、寝酒と称して焼酎をたらたら飲んでいて、あぁ明日は仕事に行きたくないな、旅に出たいな、学校が火事にならないかな、と思うことが増えきた時は、何も季節のせいでも体調のせいでもアメリカのせいでもなく、やっていることに可能…

子供と大人

小さな頃は何をするにしても親や学校というオソレオオイ強迫観念というか強固な枠組みがあって、いつか自分で一切の選択権ともちろん同時に一切の責任を取れる大人に早く早くなりたいと憧れ、そのためには時間が経過するしかないことを肌で感じつつも時にそ…

業を肯定すること

立川談志が落語を語る上で必ず出てくるのがこの「人間の業を肯定する」という言葉。 どういった意味で言ってるのかといえば先日の談春の「赤めだか」にも載ってました。今手元にないので(立ち読みで済ませたから)正確な引用ではありませんがこういうことで…